1. TOP
  2. セルフケア
  3. 簡単なストレッチで頭痛の解消、耳鳴りとめまいの予防にも!

簡単なストレッチで頭痛の解消、耳鳴りとめまいの予防にも!

セルフケア 耳鳴り
この記事は約 3 分で読めます。

多くの日本人が悩まされる頭痛。この痛みにも、いくつかの種類があります。

例えば拍動性の頭痛は脈拍に合わせてズキンズキンとする頭痛です。頭の片側だけ痛くなったり、頭痛により吐き気がしたり、後頭部を中心に両側が痛くなったり、一括りに頭痛といっても様々な痛みの症状がありますよね。

その頭痛がもっとひどくなると、耳鳴りやめまいなどの症状へと進行していきます。このストレッチは、そうなる前にぜひ日々の生活に取り入れてほしいストレッチです。

頭痛を解消して耳鳴りとめまいも予防する、シズボクストレッチ!

出典:youtube

概要

■ストレッチ部位
・ 首、肩
■タイミング

入浴後、寝る前、長時間の同じ姿勢後など
■概要

入浴後、寝る前、長時間の同じ姿勢後などに行う首と肩の体操です。

■骨盤体操の目的
共通 ・・・肩こり改善、腕の引き締め、背中・おしりの筋肉をほぐす

■ポイント

・STEP⑦の頭を引っ張るときは肩が上がらないように気をつけてください

・出来るだけ肩と首の力は抜いた状態で行います

■実践回数

1日1~3回程度

やり方

STEP① 足を揃えて、両手を頭上に伸ばします

STEP② 手を交互に組んで体全体を伸ばしましょう

STEP③ 両手を後ろで組んで、腕をゆっくり上へと引き上げます

STEP④ 片方の腕を後ろに曲げて、片方の手で曲げた肘を持ってゆっくりと後ろに引いていきます。気持ちよく伸びた状態でストップしたら反対側も行います。

STEP⑤ 両手を組んで後頭部に添えます

STEP⑥ 首をゆっくりと前へと倒していきましょう。気持ちよいくらいに伸びたらゆっくりと元に戻します

STEP⑦ 片方の手を頭に添えて、添えた手の方向に頭を引っ張ります。反対側も行います

STEP⑧ 首を左右にゆっくりと2回ずつ回します

STEP⑨ 肩をゆっくり後ろに5回まわします

やってみた感想

肩周りの筋肉がほぐれて、良い感じの疲れが体にきました。首は引っ張りすぎると肩が上がったり、力が入ったりするので、最初に抜けるだけ力を抜いてから行うことをおすすめします。

リラックス状態で行うとより、体がほぐれますので、お風呂上がりに行うとより血流が良くなっていいと思います。

スポーツインストラクターからのアドバイス

頭痛というのは大きく分けると3つの原因から起こります。

まず1つは生体反応としての頭痛です。これは、お酒を飲みすぎた翌日や、冷たいアイスクリームを食べたときなどに起こる頭痛のことで。誰にでも起こりうる頭痛です。

次に、2つ目は脳や病気が原因で起こる頭痛です。この頭痛を持つ人は日本の人口の約3割ほどだといわれています。脳や何らかの病気が原因で起こる頭痛で、命にかかわることもあります。そして3つ目が慢性頭痛です。頭痛持ちといわれるほとんどの人がこの慢性頭痛に当てはまります。

この記事のタイトルとURLをコピーする

1日5分!チェン式耳鳴り改善法

耳鳴りや難聴の原因である「体のユガミ」にアプローチする方法です。心当たりある方は、特に合っているかもしれません。

分かりやすい教材で「体の歪みを正すことで体質改善を目指す」そんな内容です。体調がいい方向へ変化するのを実感できると思います。

信頼できるカイロプラクティックの先生の内容となりますので、安心して持って取り組めるでしょう。

「チェン式耳鳴り改善法」公式サイトはこちら

\ SNSでシェアしよう! /

耳鳴り治療|専門ちゃんねるの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

耳鳴り治療|専門ちゃんねるの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsord Links

ライター紹介 ライター一覧

マコ

マコ

耳鳴り治療ナビ 編集長のマコです。当サイトでは耳鳴りでお悩みの方にお役に立つ情報を発信していきたいと思います。辛い症状ではありますが、がんばって健康的な体を取り戻しましょう。

コメントを残す

*

*

関連記事

  • 自然の溢れる場所へ出かけると耳鳴りの症状もスッキリ根本改善する?

  • 【耳鳴りと頭痛】自律神経失調症・更年期障害・脳過敏症候群の可能性?

  • 実は重病の可能性も?拍動性耳鳴りの症状・原因・治療法について解説

  • 耳鳴り解消のツボ「小海」を押して、頭をスッキリさせよう!

  • 耳鳴りやめまいの予防運動にオススメ!90秒の簡単マッサージ

  • 耳鳴りが発症しやすい?突発性難聴と老人性難聴について解説