1. TOP
  2. メニエール病の原因はストレス?ある3つの方法で克服した女性の体験談

メニエール病の原因はストレス?ある3つの方法で克服した女性の体験談

体験談
この記事は約 5 分で読めます。

私がメニエール病になったのは2年前の夏ごろ。日差しが厳しく、絶え間なくめまいを起こしていた日でした。私が当初、めまいやキーンと鳴る耳鳴りが起こるのは暑さのせいだと思いこんでいたのもそのためです。

北海道に住んでおり、8月下旬にはすでに少し涼しくなっていましたが、私のめまいと耳鳴りの症状は治まりませんでした。それから数週間後、近所の耳鼻咽喉科を受診した私は、メニエール病だと診断されたのです。

耳鼻咽喉科へ行く

耳鼻科では、眼球の動きを見るための検査をまず行いました。ライトを当てながら上下左右見るというものです。さらに、平衡感覚の有無を調べる検査を行ったところ、平衡感覚をかなり失っていることがわかりました。これは、メニエール病の特徴のようです。

最後に行ったのが、聴力検査。そこで、低音が聞こえないという状態が明らかになりました。これも、メニエール病の特徴だということでした。こうした検査にはさほど時間がかからず、痛みも一切ありません。

ここで処方されたのは、めまいを軽減する薬と、イソソルビドと呼ばれる水薬です。この水薬はとても苦く、飲み続けるのが辛いものでした。看護師さんにうかがうと、グレープフルーツジュースと一緒に服用することで、苦みが少し和らぐとのことでした。

こうした薬の服用が、最低限の改善方法です。

少しでも調子が悪いと思ったときには、すぐ受診する必要があることもわかりました。メニエール病の治療には長期間かかりますが、早期に治療を受ければ、症状は軽減していきます。症状が進行してから治療をしても、手術せねばならないことがあるとのことでした。

ヨガや柔軟体操などの軽い運動

私は運動不足気味だったため、薬の服用に加えて、運動を始めることにしました。メニエール病の原因は明確になっていないものの、ストレスも大きな要因だと言われています。運動することで、ストレスを発散しようと考えたのです。

しかし、急にジョギングや筋トレといった激しい運動を始めたせいか疲労が溜まり、めまいがひどくなるという逆効果に。そのため、運動量を少し減らして、軽い柔軟体操やヨガなどを取り入れました。そうすることで身体の調子も次第によくなりましたし、めまいも少し軽減したのです。

それ以降も運動を柔軟体操とヨガだけに絞ってきたのは、あまりにも過度な運動を抑え、ストレスにつながるのを防ぐためです。自分自身が「ここまでなら気分よく運動できるな」と思える程度の運動を行うのがよいようです。

人によってもストレス発散の方法は異なるのでしょうが、メニエール治療の一環としては、軽い運動も有効な手段だと感じました。

カウンセリングを受ける

メニエール病を患っている方は、精神的に疲れている場合が多いようです。私も同様で、メニエール病になる以前から、心療内科にかかっていました。睡眠障害もあり、睡眠導入剤を飲んでもなお、眠れない日があります。

私は心療内科のカウンセリングを受けることを決意し、そこでメニエール病のことを伝えたり、日々の悩みなどを打ち明けてみることにしました。カウンセリングで話を聞いていただくことで、次第に心が軽くなるのを実感しました。そうするうちに、メニエール病の症状の中でも特に困っていた耳鳴りが、あまり起きなくなっていったのです。

カウンセリングとまでいかずとも、家族でも友人、恋人などを相談相手にしてみるのもよいかもしれません。

私はこの他にも、精神的な疲労を解消しようと、趣味に打ち込んできました。意外かもしれませんが、それがとても効果的なのです。

これらは、病院から処方された薬を飲み続けることが前提ですが。

症状が改善され、快適な毎日へ

こうした試行錯誤を繰り返しながらも、徐々にメニエール病の症状は改善していきました。最近ではさほど耳鳴りもしません。

症状の改善に伴って、映画館に行けるようにもなりました。メニエール病を発症してから一度映画を観に行ったことがありましたが、高音が耳に突き刺さるような痛みになるため、すぐに出てこざるをえなかったのです。

それからというもの、映画館には行くことができませんでした。映画が好きな私としてはそれがとても悲しかったのですが、メニエール病が改善されてから恐る恐る映画を観に行ってみたところ、音を聞いても痛みがないのです。

思えば、メニエール病の症状が酷かった時期には、掃除機の音すら耐えられず、まともに掃除することもできませんでした。それも、今では全くと言っていいほど気になりません。

メニエール病が改善されたことで、今まではやりたくてもできなかったことができるようになった――そんな喜びがありました。

おわりに

メニエール病は軽く見られがちな病気ですが、悪化すると、寝たきりになることすらある難病です。やりたいことができなくなる――そんな恐ろしい症状の一方で、それを改善する術もあることをぜひ知っておいていただきたいと思います。

ここに記した私の経験から、めまいや耳鳴りにお悩みの方はまず受診されることをお勧めします。

メニエール病の症状がある方はぜひ、ストレスの解消法を見つけてください。完治への道は長いかもしれませんが、きっとよくなるはずです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

1日3分!均整術 坂本式耳鳴り改善法


耳鳴りや難聴の原因を、「ストレス」と「睡眠障害」の2つに分け、アプローチする方法です。どちらかに心当たりある方は、特に合っているかもしれません。

分かりやすいDVDと冊子の教材で、体質を「体の歪みを正すことで改善を目指す」という内容なです。いろいろと体調がいい方向へ変化するのを、高確率で感じられると思います。

信憑性の非常に高い先生の内容となりますので、安心して持って取り組むこともできるでしょう。

「坂本式耳鳴り改善法」公式サイトはこちら

\ SNSでシェアしよう! /

耳鳴り治療|専門ちゃんねるの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

耳鳴り治療|専門ちゃんねるの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsord Links

ライター紹介 ライター一覧

マコ

マコ

耳鳴り治療ナビ 編集長のマコです。当サイトでは耳鳴りでお悩みの方にお役に立つ情報を発信していきたいと思います。辛い症状ではありますが、がんばって健康的な体を取り戻しましょう。

関連記事

  • 【20代女性の体験談】突発性難聴に近い症状と診断され、漢方で改善!

  • 【40代男性】浮動性めまいの改善は自己流ではなく、医師へ相談を!

  • 耳鳴りとめまいに悩んでいたときに、わたしが実践したこと!

  • 自然の溢れる場所へ出かけると耳鳴りの症状もスッキリ根本改善する?

  • 【20代女性の体験談】メニエールと上手につきあうための3つの方法

  • 20代女性のメニエール病体験記!めまい・耳鳴りも克服した3つの対策